MENU

妊活ならマカを夫婦で飲むべき理由とは

妊活中の夫婦から注目を集めているマカ。
マカを飲むのがいいと言われているのは、マカには血流を良くして冷え性を改善したり、ホルモンバランスを整える効果があったり、滋養強壮効果があるなど、妊活にとって嬉しい効果が色々と期待できるとされているからです。
女性であれば、不妊に大きく関係してくる冷え性を改善したり、生理周期や排卵機能を整える効果なども期待できるとされ、男性であれば疲労が原因でタイミングを取るのが難しかったり、持続力がなくてうまくいかなかったりする場合などの改善効果が期待できるようです。

 

マカというと男性の精力剤のイメージが強いと思いますが、実は妊活中の夫婦にマカはとてもおすすめの成分なんです。
ドラッグストアなどで売っているマカのドリンク類やサプリメントなどは、いかにも男性の性的興奮を促すような強い効果を期待させるものだったりしますよね。
ですが、実際マカの効果は至って穏やかなもので、即効性というよりも、毎日飲むことで少しずつ体調を整えていってくれるとても優しい成分なんです。
あくまで薬ではないので、きちんと一定量さえ守っていれば副作用などの心配もありませんし、毎日安心してお飲みいただけます^^

 

というわけで、マカは妊活に色々と嬉しい効果が期待できるということは分かりましたが、妊活中の夫婦ならマカを二人で摂取するのが効果的です。
妊活って、どちらかというと女性が積極的に行うイメージが強いかと思います。
ですが、実は不妊の原因は女性側だけではなく、男性側の原因であることも考えられるようです。
妊娠しにくいカップルの約30%が男性側の原因だった、なんていうデータもあるぐらいなので、男性も妊娠力を高めることがとても大事です。

 

男性側の不妊の原因は、造精機障害が約90%を占めているようです。
造精機障害とは、精巣でうまく精子がつくられない、精子の数が少なない、精子の運動率が低いなど、精子をつくる機能に障害が起きることを言います。
マカには男性機能をたかめるアルギニンをはじめデキストリン、亜鉛なども豊富に含まれておりバランスよくとることができます。
また滋養強壮力が強いので、「天然のバイアグラ」とも呼ばれているほどです。

 

ある調査では、健康な24歳から44歳までの男性にマカを投与して、60%の方に精子の生産能力と運動能力の向上が見られたというデータがあります。
他の調査でも、4か月の摂取で精子の数と運動量が2倍になったというデータもありました。
よってマカを摂取し続けることで男性不妊の改善効果も期待できそうです。

 

一方で、女性側の不妊の原因は非常に色々あって複雑です。
病院で診断を受け、子宮や卵巣などの病気の疑いが特に無いとされる場合は、冷え性改善やホルモンバランスを整えていくことも大事です。
妊活にとって有効な効果が期待できるマカを取り入れていくことも、選択肢の一つとして検討してみるのもいいかもしれません。

 

このように、男性にとっても女性にとっても、妊活中の夫婦にマカはおすすめの成分と言えます。
大事なのは「夫婦で一緒にマカを飲む」ということです。
妊活というのは、直接妊娠する側の女性に負担が大きくなりがちで、男性側はどこか他人事のような感じになりがちですが、一緒に飲むことで自分も妊活に参加しているんだという意識が芽生えてくるかもしれませんね。
妊活は夫婦の共同作業なので、旦那様の協力も必要不可欠です。
どちらか片方が頑張るのではなくて、協力しながら共に支え合っていく姿が理想といえるのかもしれませんね。

 

 


妊活にマカが効果的といわれているのはなぜ?

妊活にマカが効果的だと言われていますが、マカはアミノ酸やミネラルがバランスよく豊富に含まれていてホルモンバランスを整えてくれると言います。
女性ホルモンのひとつであるエストロゲンに似た働きをして、不妊症や生理不順、更年期障害など、女性特有の症状の改善に有効だとされています。
排卵も生理も基礎体温も、女性の妊娠や出産のメカニズムは女性ホルモンによってコントロールされているので、
「女性ホルモンのバランスを整える=妊娠しやくなる」と言っても過言ではありません。

 

実際、不妊治療などで卵子の質を上げたり排卵を促すために使われるのは、ホルモン剤です。
しかしホルモン剤は強力な効果があって副作用も強いので、必ず医師の診察を受ける必要があります。
一方で、マカは食品ですので副作用などの心配もありませんし、もちろん医師の処方箋なども必要なく、手軽に取り入れることが出来るのがメリットです。
妊活にマカが効果的ということが分かり、その安全性の高さからマカを取り入れてきた先輩ママさんもたくさん居るようです。
これから妊活を始めるという方や、まだ不妊治療クリニックに行くのは抵抗がある・・・という方にはマカはとってもおすすめです。

 

マカは南米ペルーでインカ帝国時代から栽培されていた野菜で、古くから不妊治療に使われてきたとも言われています。
標高の高い地で厳しい環境の中育つマカは、カルシウム、鉄分を始めとする9種類のミネラル、
18種類のアミノ酸、たんぱく質、食物繊維などを豊富に含んでおり、
これらの栄養素がそれぞれが相互に影響し合って相乗効果を発揮し、結果的に妊娠しやすい体を作ると言われています。

 

妊活にマカが効果的だと言われているのは、研究結果にも出ています。
軽いストレス状態のラットに、マカ入りのエサを投与するグループと、マカなしのエサを投与するグループに分けて、ホルモン値の変化を比較しました。
結果、マカ入りのエサを投与したグループは、マカなしのグループと比べて妊娠に関わる2種類のホルモンの血中値が大幅にアップしたようです。
また、卵胞ホルモンは19倍、黄体ホルモンは4.5倍との結果が出ました。
卵胞ホルモンと黄体ホルモンがしっかり分泌されるということは、卵巣の中にある原始卵胞がしっかりと成熟し、子宮内膜を整え、
きちんと排卵され、黄体化し基礎体温を上げるという妊娠への流れがスムーズになるということです。
妊活にマカが効果的なのは、このような研究結果からも分かりますね。

 

また、妊活にマカが効果的だと言われているのは女性だけではなく男性側にも言えるようです。
マカはアルカロイド、ステロイド、サポニン、タンニン、アントシアニンといった成分も含まれ、内分泌腺が刺激され、
活力増強、集中力の向上、ストレス軽減、更年期障害軽減、精力回復、勃起障害の改善も期待できるとされています。
マカの摂取による性欲の顕著な向上や、精子の生産能力と運動能力の向上などが見られたとの研究結果も出ています。
しかし天然のバイアグラと言われているマカですが、臨床試験結果から効果が出るまでの期間は約8週間とされており、治療薬のバイアグラと異なり即効性はありません。
その分、副作用がなく安全性が高いので、安心して飲めるのがいいところではありますね。

 

このように妊活にマカが効果的なのは、女性にも男性にも当てはまるようです。
妊活にマカを取り入れるなら、ぜひご夫婦で飲まれることをおすすめいたします^^

 

妊活のためのマカは男性こそ飲むべき!マカが男性の不妊に効果があるメカニズムとは

妊活でマカが男性にとって有効である理由は、
@滋養強壮力が強いので、疲労が原因でタイミングを取るのが難しい・・という事態を防ぐ
A精力増強効果が期待できるので、心因性を含むED(勃起障害)や持続力がなくてうまくいかなかったりする場合などの改善効果がある
B精子の生産能力や運動能力を高める効果があると言われている

 

主にこのようなものが挙げられます。
マカは南米ペルーが原産で完全食と呼ばれるほど栄養が豊富で、ビタミンやミネラルだけでなく、必須アミノ酸などがバランスよく含まれています。
なかでも、アミノ酸のうち体内で合成できない必須アミノ酸をバランスよく含んでいるため、体力を維持するために大きな役割を果たしてくれます。
また、アルギニンの働きが精力増強効果をもたらし、その他にも活性物質のアルカロイドやデキストリン、亜鉛などが男性ホルモンを活性化したり、
下半身の血流を活発にして、スムーズな勃起を促す効果が期待できます。
自立神経を整える成分も豊富に含まれているので、飲み続けることでホルモンのバランスが整えられて心因性EDの改善効果も期待できるようです。
ホルモンバランスが整うと薄毛などの改善効果も期待できるようですので、色々と嬉しい効果が相乗効果のように現れてくるのがマカの特徴とも言えますね。

 

実際に、マカを摂取し続けることで精子の生産能力と運動能力の向上が見られたという研究データもありました。
男性不妊のほとんどが、精巣でうまく精子がつくられない、精子の数が少なない、精子の運動率が低いなど、
精子をつくる機能に問題が起きる造精機能障害であると言われているので、
妊活でマカを男性が取り入れるのが良いというのは分かる気がしますね。

 

妊娠が上手くいかない理由は決して女性だけに原因があるわけではありません。
WHOの調査によると、不妊症の夫婦の約半数が男性も関わっているということです。
男性も日ごろから自分自身の体をしっかりと作っていくことが、健康な赤ちゃんが誕生するためには大切なんですね。
日本人は特にストレスを抱えやすく、食生活をはじめとした生活習慣も乱れている人が増えています。
そのため、男性不妊も以前より急激に増えているようで、妊活でマカを男性が取り入れる傾向が強くなってきています。

 

妊活でマカを男性が取り入れる場合は、
@マカの含有量が多いものを選ぶ
A安全基準がしっかりしているものを選ぶ
Bマカ以外に滋養強壮素材が豊富なもの

 

この3点を意識してサプリメントを選んでみてください。
詳しくはマカの選び方のページで述べたいと思いますが、
特にマカなら何でもいいというわけではなく色々あるので、不純物を使用していないものや農薬の有無や加工法などを確認して選ばれるのがいいと思います。
マカは毎日飲み続けて効果を少しずつ発揮していくものなので、安心して飲み続けられるものがいいですよね。
ぜひ、妊活でマカを男性も積極的に取り入れて、疲れに負けない強い体づくりを目指して下さい^^

 

妊活中の女性へのマカの効果とは

妊活中のマカが女性にもおすすめな理由は色々あるのですが、
やはり一番は「ホルモンバランスを整えてくれる効果が期待できる」ということだと思います。

 

ホルモンバランスを整えることは妊活にとってとても大事なことです。
なぜならば、排卵も生理も基礎体温も、妊娠や出産のメカニズムは女性ホルモンでコントロールされているので、
妊娠しやすい体には女性ホルモンのバランスを整えることが重要となってくるからです。

 

マカはカルシウム、鉄分を始めとする9種類のミネラル、18種類のアミノ酸、たんぱく質、食物繊維などを含むスーパー栄養食品で、
植物性エストロゲンやアルギニンなども含まれており、これらの成分が女性ホルモンを強化してホルモンバランスを整える効果が期待できると言われています。
ホルモンバランスを整えることで、月経痛や更年期障害などの女性特有の悩みにも有効であると言われています。

 

また妊活中のマカが女性にとっていいのは、マカに含まれるアルギニンによって血管の拡張や血流を助け、妊娠に影響のある冷えやすい体質を改善してくれると言います。
体が冷えると血行不良が起きて子宮の働きが弱まってしまうので、女性ホルモンの分泌が悪くなり、卵巣機能や黄体機能が低下し、不妊を招く原因になるのです。
また、冷えは排泄機能の低下も引き起こすので、生理で子宮内膜がうまく排出されず、子宮に残ってしまうことがあります。
これが原因で、子宮内膜症や子宮筋腫といった不妊の原因になる病気につながることもあるんです。
冷えは女性にとって大敵とよく言いますが、こういった女性特有の病気を予防するという観点からも、
妊活中の女性はもちろん、妊活中ではない女性も、普段から体を温めることはとっても大事なんです。

 

またマカに含まれるアルギニンは新陳代謝の活性化にも効果があると言われており、ターンオーバーがスムーズに行われることで美肌効果もあるとされています。
マカにはアルギニンのサポートをしてくれるビタミンCも含まれているので、肌荒れなどの効果も期待できるようです。
妊活には直接関係のない効果かもしれませんが、女性にとって美肌効果も期待できるのはやっぱり嬉しいですよね!

 

マカの効果は他にもあって、女性特有の生理前の便秘解消にも良いとされています。
生理前にはプロゲステロンという黄体ホルモンが分泌されていますが、ホルモンバランスが崩れて分泌量が多すぎると便秘を引き起こします。
そこでマカに含まれる植物性エストロゲンが、プロゲステロンの分泌をコントロールしてバランスを整えて便秘症状を緩和してくれるというわけです。
またホルモンバランスが整うことで、生理前のイライラや生理痛の緩和なども期待できますよ^^

 

このように、妊活中のマカは女性のホルモンバランスを整えたり、冷え性を改善する効果が期待できるこということが分かりましたが、
妊活以外でも、美肌効果や便秘解消効果など、マカは女性にとって嬉しい効果が色々あるようです。


妊活にはマカと葉酸どっちが大事?

妊活マカランキング2018!夫婦で不妊治療する前に

妊活にはマカや葉酸も良いと言われていますが、2つの成分が妊活にもたらす効果や作用は少し違うようです。
それぞれの効果や作用について、色々と正しい知識を得た上で妊活サプリを上手に取り入れましょう。

 

妊活に有効な成分としてのマカと葉酸の効果の違いを簡単に言ってしまうと

 

マカ:女性ホルモンを整えたり冷え性を改善して妊娠しやすい体質にしてくれる成分

葉酸:産まれてくる赤ちゃんの障害リスクを予防するために必要な成分

 

という違いがあります。

 

マカと葉酸の身体への効果は?

妊活にはマカも葉酸もどちらも非常に大切な成分ではありますが、不妊で妊娠しやすくなる体づくりのために飲むというのならばマカのほうが適していると思われます。
マカの詳しい効果やメカニズムについては別ページに記載しているので確認していただければと思いますが、マカには女性ホルモンエストロゲンと似た働きをする「植物性エストロゲン」という成分が含まれており、女性ホルモンのバランスを整えて、
生理周期を整え、妊娠しやすい体づくりへと導いてくれる効果があります。
また、生理痛や更年期障害などの女性特有の悩みなどを改善する効果もあります。

 

葉酸は女性が妊娠するための成分というよりも、赤ちゃん自身にとって必要な成分となります。
葉酸は妊活をスタートさせたらすぐに摂取しておきたい成分です。
というのも、葉酸は受精卵の段階から必要となる成分なので妊娠してから摂取するのでは遅いんです。
胎児の細胞分裂がさかんな妊娠初期(4週〜12週)に葉酸不足の状態ですと、「二分脊椎症」などの神経管閉鎖障害の発症リスクが高くなるなど、
先天性の疾患のリスクが大きくなります。
また、授乳期においても赤ちゃんの発育に遅れをおよぼすことが指摘されています。

 

葉酸も妊活には大事な理由とは

妊活はマカと葉酸を同時に摂取するのがいいということは分かりましたが、
葉酸と不妊の関係については科学的な根拠が乏しく、
葉酸を摂取すれば妊娠しやすい体になるということではありません。

 

葉酸は産まれてくる赤ちゃんの障害リスクの予防が期待されていますが、
基本的には赤ちゃんの為に必要な栄養素であって妊活には直接関係がないというイメージが強いです。

 

しかし、葉酸も妊活には有効な働きをしてくれるんですよ。
葉酸は赤血球を作り出す働きがあり、貧血などにも効果的な栄養素で、赤血球が豊かになることで、全身の血流が促され、
妊娠に関係のある子宮や卵巣などの働きがよくなることがあるかもしれません。
直接、妊娠に関係してくるわけではないかもしれませんが、葉酸の摂取によって体の巡りが良くなることが期待できます。
何より、妊娠しやすい体にはバランスの良い栄養素が必要ですから、産まれてくる赤ちゃんの為にも、妊活はマカも葉酸も同時に摂取することがおすすめです。

 

実は妊活にマカと葉酸を同時に摂取するのがいいのは女性だけではなく、実は男性にもおすすめなんです。
マカが男性不妊に効果的で妊活におすすめ、という話は他ページでもご紹介しましたが、
葉酸も妊活に有効な栄養素であるということが分かっています。
アメリカのカルフォルニア大学バークレー校のブレンダ教授の調査によると、葉酸をしっかりと摂取している男性の精子は、そうでない男性の精子と比べて、
染色体異常が約20%低いという結果が出ています。
精子の染色体異常は無精子症や乏精子症などの原因となり、不妊症につながりますし、
不妊カップルの約半数が男性側に理由があるので、女性だけではなく男性も妊活でマカと葉酸を同時摂取されることをおすすめします。

 

妊活にはマカといっしょに亜鉛もとるとよい?

妊活にマカと亜鉛をいっしょに摂ると効果が高まると言われています。
妊活中は積極的に摂取したい栄養素はいくつかありますが、その中でもマカと亜鉛は妊活サプリには必ずと言っていいほど含まれている代表的な成分です。

 

マカについては他ページで解説していますので、今回は亜鉛について詳しく解説していこうと思います。

 

亜鉛は鉄分の次に、体の中で多く存在している非常に重要なミネラルで、酵素を活性化する働きがあります。
酵素は生命を維持するためにエネルギーの発生や免疫機能の調整、消化や排泄などのコントロールをしています。
亜鉛を消費しながら酵素は生成され、人間が生きていく上で重要な様々な働きをするのですが、
その中で特に妊活に有効なものとしては「ホルモンの分泌を促す」という役割です。
亜鉛は卵巣に多く含まれており、女性ホルモンの生成を助けています。
亜鉛が不足すると卵胞ホルモンと黄体ホルモンの分泌量が減り、卵子を成熟しなかったり排卵を疎外してしまうので、妊活に影響を与えてしまうことにもなりかねません。

 

妊活に亜鉛が有効なのは女性だけではなく、男性にも良いと言われています。
一番の働きは精液を増やすということです。
精液は亜鉛を原料として作り出されて精子の運動をスムーズにしたり、外部の刺激から守ってくれたりします。
精液が充分だと勃起もしやすくなると言われていて、精力自体もアップし妊活にも良い影響を与えてくれるでしょう。
また、亜鉛は免疫力を向上してくれる働きがあるので、体力が落ちているという方やストレスを抱えがちな方にもおすすめです。


妊活のマカの選び方とは

妊活マカランキング2018!夫婦で不妊治療する前に

妊活でマカの選び方は、成分や安全性を重視するのがいいと思います。
妊活サプリといっても色々あってどれを選べばいいか分からくなると思いますが、その中でも安心して飲み続けられるものをしっかり選びましょう。

 

妊活でマカの選び方のポイントは以下の6つです。

 

成分
成分量
有機マカを原料に使っているか
安全性に製造されたものか
継続して飲めるものかどうか
夫婦兼用か、男女別に成分を変えているものか

 

それぞれについて詳しく解説しますね。

 

自分が必要としている成分などが含まれているか

妊活でマカの選び方としては、それ以外の成分、すなわち自分が欲しい成分がき入っているかどうかです。
妊活サプリはマカだけではなく、葉酸や亜鉛、プエラリア、ザクロなど色々な成分が入って居るものが多いです。
それぞれどんな効果があるのかのを把握し、自分に必要だと思う成分や量がしっかり入っているサプリメントを選びましょう。
妊活サプリはたくさんあってどれを選べいいか分からなくなってしまうかもしれませんが、成分や含有量などを見て情報を整理していくと選びやすいです。

 

それぞれの成分量がきちんと記載されているか

マカの1日の摂取目安は1000〜3000rと言われていますが、過剰摂取すると下痢や腹痛などの症状が現れることがあると言われています。
また葉酸は妊娠超初期から妊娠初期であれば0.4mg/日、妊娠中期から妊娠後期では0.48r/日の摂取量が適切であるといわれています。
過剰摂取は胎児の喘息やアレルギー体質の原因になるリスクがあるようです。
妊活サプリを1種類だけにして1日の目安量を守っていれば、まず心配は要らないと思いますが、色々なサプリメントを併用していると知らない間に過剰摂取していることもあるので、
成分量はきちんとチェックするように注意しましょう。

 

有機マカを原料に使っているか

出来れば国産のマカを使用しているものがおすすめです。
国産マカは全て無農薬栽培されており安心ですし、ペルー産のマカなどと比べると栄養価も高いと言われています。
また、栄養価を気にするならば原料に「濃縮エキス」と記載されているものより「マカ粉末」と記載されているものがおすすめです。

 

安全性の高い工場で製造されたものか

厚生労働省は、健康食品の品質保証のひとつとして『GMP認定』を掲げています。
GMPとは<Good Manufacturing Practice>の略で、日本語でいうと「適正製造規範」。
安全性の観点から見れば1番安心なのが「GMP認定工場」です。
国産のものだと何かあれば製造元に問い合わせできるという安心感もありますよね。
ちなみにアメリカでもGMP認定と同じシステムがあり、FDA認定があります。
米国産のサプリは「FDA認定」があるものを選ぶと安心です。

 

価格や飲む量、形状など継続して飲めるものかどうか

やはり飲み続けるものなので、コストも気になるところです。
妊活でマカの選び方のポイントとしては、商品自体の価格というよりも、1回あたりのコストがいくらなのかを計算してみましょう。
定期購入でお得になることもありますが、解約条件などもしっかり確認してから購入するようにしましょう。
また、飲み続ける上で、自分にとって飲みやすい形状なのかどうかも大切です。
粒が大き過ぎて飲みにくかったりすると飲むのが苦痛になってしまって続けるのが困難ですよね。
香りなども気にならないものかどうかもチェックしたいポイントです。

 

夫婦兼用か、男女別に成分を変えているか

夫婦兼用で飲むのか、女性だけが飲むのか、男性だけが飲むのか、用途に合ったサプリメントを選びましょう。
それぞれで成分の内容や含有量なども変わってきます。
先述したように他のサプリメントと併用するならば、過剰摂取などにも気をつけたいところです。

 

 

妊活のマカは国産のものを選んだほうが無難な理由とは

妊活マカランキング2018!夫婦で不妊治療する前に

妊活のマカは国産が安全性や栄養価などから考えるとおすすめです。

 

妊活のマカは国産のもの以外にペルー産のマカを使用したものがありますが、近年のマカブームにのって栄養が不十分な粗悪品も多く含まれており、政府の品質保証制度などもありません。

 

もちろん全てのペルー産のマカがそうであるとは言えませんが、最低でも生産者連合(法的認可はあり)の品質保証があるものや、ボンボン高原のマカが高品質であると言われているので、一つの目安にしても良いと思います。

 

国産のマカの特徴について

妊活マカランキング2018!夫婦で不妊治療する前に

対して国産のマカはペルーと異なる気候の中で育てられているため、一貫して厳しく品質管理されていることがほとんどのようです。

 

これまで日本ではマカを栽培することは難しいとされてきましたが、長い歳月をかけて本場であるペルー産の多種多様な成分を保ちながら、成分の中で注目されている成分を大幅に増やした国産マカの栽培に成功しました。

 

ほとんどの国産マカが無農薬栽培であり、ペルー産のマカと比べてギャバ、アルギニン、リジン、プロリンなどの栄養成分も高いとされています。

 

これほど栄養豊富な国産マカは大変貴重で、世界中から注目されているようです。

 

このような理由から、妊活のマカは国産が無難でおすすめなのですが、その中でも特に有機JAS認定のものを選ばれると尚良いでしょう。

 

有機JASというのは「種まきの2年以上前から、農薬や化学合成肥料を原則として使わない」、「加工の際に、人体や環境に有害な添加物や薬剤を使っていない」などの厳しい基準をクリアした商品だけ認められています。

 

GMP認定のマカがおすすめです

妊活マカランキング2018!夫婦で不妊治療する前に

また、妊活のマカを国産で選ばれるなら、製造工程などもチェックしましょう。
いくら原材料が安全で品質がよいものでも、工場での加工過程に問題があれば全く意味がなくなってしまいますからね。

 

1つの目安としてGMP認定のものかどうかを気にするのも良いと思います。
GMPとは「Good Manufacturing Practice」の略で、日本語でいうと「適正製造規範」です。
工場の製造や品質管理、設備などが適切であることをしめすもので、明確な安全体制が整っており、責任の所在がハッキリしていると言えます。

 

また、妊活のマカが国産ならば、何かあれば製造元に問い合わせることができるというのも安心感があっていいと思います。

 

安いマカにはご注意を!

妊活マカランキング2018!夫婦で不妊治療する前に

やはり購入する時は価格も気になるところではあるのですが、あまりにも安いマカサプリメントは注意したほうが良さそうです。

 

妊活用のマカサプリメントというのは、天然成分を使用したり、少しでも安全・安心な原材料のために産地にこだわったり、安全性をアピールするために生産工場をオープンにしたり、妊活に必要なマカ以外の成分も配合したり、妊活専門スタッフによるサポート体制を整えたり・・・などなど、色々な面でコストがかかっています。

 

このことから、安価なマカサプリメントは大手健康食品会社が販売・製造したものであっても「妊活用に作られたものではない」という場合が多いです。

 

妊活用マカは国産で選ぶなら、価格だけで選ぶのではなく、しっかり「妊活用」と記載されているマカサプリメントを選ばれることをおすすめします。


マカだけではなく葉酸も亜鉛も同時に摂れる妊活サプリかどうか

妊活マカランキング2018!夫婦で不妊治療する前に

妊活ではマカも葉酸も亜鉛も同時に摂取することで妊娠力がアップすると言われています。

 

それぞれの成分が相乗効果を発揮するので、これらの成分が一緒に入っている妊活サプリもたくさんあります。
ですので、決して飲み合わせの悪い組み合わせではありませんが、気をつけたいのは過剰摂取です。

 

メーカーが儲けている1日の摂取目安量を守っていれば特に問題はありませんが、複数の妊活サプリを飲む場合などは知らない間に同じ成分を重複して摂取している可能性がありますので、
1日の目安量を超えていないか、記載されている成分量などをよく確認してから摂取するようにしてください。

 

妊活のマカと葉酸と亜鉛の効果については他ページで詳しく解説していますが、改めてそれぞれの働きを簡単にまとめてみました。

 

マカ

マカはミネラルと、アミノ酸、ビタミンなどがバランス良く含まれている成分です。

 

女性ホルモンを整えて生理周期や排卵機能を整える効果や、不妊に大きく関係してくる冷え性の改善効果などがあると言われています。
月経痛や更年期障害などの女性特有の悩みにも有効であると言われています。

 

1日の摂取目安量は1日1500r程度です。

 

葉酸

葉酸は産まれてくる赤ちゃんの障害リスクの予防が期待されていますが、それ以外に妊活にも有効な働きをしてくれるといいます。

 

葉酸は造血ビタミンとも呼ばれ、血液の量を増やして全身に行き渡らせ子宮や卵巣に栄養を届ける役目も担っています。
元気で質の良い卵子や精子をつくることはもちろん、着床しやすい子宮内膜をつくるために欠かせない栄養素なんです。

 

しかし過剰摂取は胎児の喘息やアレルギー体質の原因となることがあると言われていますので、注意が必要です。

 

1日の摂取目安量は女性は8r(妊婦と授乳中は+2r)です。

 

亜鉛

亜鉛は妊娠に欠かせない「黄体形成ホルモン」や「卵胞刺激ホルモン」の働きを促して女性の卵巣に良い働きをしてくれます。
「黄体形成ホルモン」はエストロゲンとプロゲステロンの分泌を促して妊娠しやすくしてくれるんです。
「卵胞刺激ホルモン」は卵胞を育てたり、生理を正常にしてくれます。
卵胞が育って健康な卵子を排卵することができて、不妊の原因ともなる生理不順の解消にも役立ってくれます。

 

1日の摂取目安量は0.4mg/日です。

 

同時摂取によって期待ができる効果

妊活マカランキング2018!夫婦で不妊治療する前に

妊活はマカと葉酸と亜鉛が相乗効果を発揮するので、おすすめの飲み合わせと言えます。

 

マカ自体に沢山の栄養が含まれているので、これだけでも妊活には効果があると言えますが、他の2つの成分も同時に摂取することで、より一層効果が出やすくなるかもしれません。

 

それぞれの組み合わせによって期待できる効果をまとめました。

 

亜鉛と葉酸

ともに細胞分裂を促す働きがあり、葉酸が新たな細胞を生成し、亜鉛は細胞分裂をスムーズにします。
また葉酸は亜鉛と同じように卵胞が育つのを助ける働きを持っているため、同時に摂取することでより妊活の助けにもなるとされています。

 

マカと葉酸

ともに血行を良くする働きがあるため、冷え性改善の効果も期待できます。
そのため、葉酸とマカを併用すると不妊治療に非常に効果があるといわれています。

 

マカと亜鉛

亜鉛はたんぱく質の合成に必要な成分で、他にも細胞分裂を促進したり、抗酸化作用もあります。
また酵素を活性化させることで、吸収率を高めてくれる効果があるので、マカと一緒に摂るとその効果が高まると言われています。

 

このように、妊活はマカと葉酸と亜鉛が同時に配合されているサプリも多いようですが、それぞれを単独で摂取する場合はくれぐれも過剰摂取してしまわないように気をつけてくださいね。

 

マカの摂取量にも注意!

妊活マカランキング2018!夫婦で不妊治療する前に

妊活でマカの摂取量をきちんと守っていれば問題はないのですが、過剰摂取すると逆にホルモンバランスを崩したり、副作用のような症状が出ることもあるようです。

 

マカは健康食品ですので、用法・用量をきちんと守っていれば副作用等の心配はまずありません。

 

ですが、稀に人によっては体質に合わないという場合もありますので、最初は少量の摂取から始めるのが良いでしょう。

 

次のような症状が出た場合はマカの摂取を中止して、状態によっては医師の診察を受けて下さい。

 

下痢

マカには黄体ホルモンを抑制させる働きがあります。
黄体ホルモンが抑制される影響で便に含まれる水分量が増加して下痢の原因となることがあるようです。

 

中枢神経系の症状

マカはホルモンバランスを整える働きがありますが、人によってはホルモンの過剰反応が起きて頭痛や不眠といった症状が現れることがあるようです。

 

また、女性がマカを摂取する場合、男性ホルモンが増加することによって様々な症状が出ることもあります。

 

ニキビ

男性ホルモンであるアンドロゲンには皮脂の分泌を促す性質があるので、ニキビが出来やすくなることもあるようです。
もともと脂性肌の方は少し注意してみましょう。
逆に乾燥肌の方は皮脂の分泌によってバランスの良い状態となり、肌の状態が改善されることもあるようです。

 

生理不順

男性ホルモンの増加によって生理が止まってしまったり、生理不順が起きることもあります。

 

不正出血

特に飲み始めて1〜2週間ぐらいはホルモンバランスが変化して整っていっているという好転反応のことが多いのですが、
あまり続く場合は中止し、医師に相談されることをおすすめします。

 

妊活でマカの摂取量は1日1500r程度と言われています。

 

これをきちんと守ってさえすれば副作用などの心配はあまりないとかは思いますが、人によっては体質に合わないという方もいらっしゃるかと思います。

 

特に以下に当てはまる方は注意が必要です。

 

アブラナ科のアレルギーがある

アブラナ科のアレルギーがある方は注意が必要です。
アブラナ科の野菜はキャベツ、ブロッコリー、カリフラワー、芽キャベツなどがありますが、
これらの野菜にアレルギーがある場合はマカでもアレルギー反応が出る場合がありますので、摂取を控えましょう。

 

妊娠中もしくは授乳中である

妊娠中はホルモンのバランスが平常時と異なるため、女性ホルモンの分泌に関わるマカを摂取することが胎児に悪影響を与える可能性があります。
その辺りの因果関係は未だにハッキリしていませんが、妊娠中や授乳中の人は控えるのが無難でしょう。

 

甲状腺の疾患がある

マカに含まれるヨウ素は摂り過ぎると甲状腺疾患を誘発するという説があります。
日本人はもともとヨウ素の摂取量が不足な為、心配いらないという説もありますが断定は出来ないため、控えるのが無難だと思われます。

 

マカは1回にたくさん飲めば効果が出るというわけではありません。

 

妊活はマカの摂取量を1日1500r程度を目安としていますが、メーカーによっては摂取量の目安などを設けているかもしれませんので、そちらを確認してみて下さい。

 

マカは薬ではないので副作用などの心配はあまり無い分、即効性はなく、少なくとも効果が現れるまでは2〜3か月は飲み続けることをおすすめします。

 

最初は少しずつ、体調を見ながら続けていってくださいね。